メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストは、メイクと言っても様々な種類があり、結婚式や成人式、七五三など人生の晴れ舞台でのメイクや、テレビや雑誌、ファッションショーなどタレントやモデルのメイクだったり、他には映画の特殊メイクや手術後のリハビリメイク、高齢者施設でのメイク療法などがあります。

自分のセンスと技術で人を変身させるメイクによって人の印象を変えますので、タレントやモデルの人気を左右したり、人生の晴れ舞台を演出させるやりがいのある仕事です。

しかし、実際の現場では時間との戦いと一発勝負の世界なので、失敗は許されない緊張の職場で、短時間で最高の仕上がりできる技術と精神的なタフさが求められます。

■メイクアップアーティストになるには

メイク専門のコースがある専門学校やスクールに通い、メイクアップアーティストの技術を習得するケースが多い様です。

ヘアとメイクの担当がはっきりと分かれている欧米と違って、日本ではメイクだけの仕事が少ないのが現状ですので、美容師資格は必要ありませんが、ヘアアレンジの技術があると仕事の幅は広がり、有利になります。

技術習得後の仕事形態は様々で、メイクアップアーティストのプロダクションに所属したり、化粧品会社に就職し、デパートの化粧品売り場でお客様にメイクを施したりアドバイスなど、また高齢者施設や病院でボランティアなどもできます。

他にはフリーとして独立もできますが、まずはフリーアーティストのアシスタントととして修行する道もあります。好きなアーティストが載っている雑誌の編集部に直接問い合わせて、自ら行動に出て探す方法もあります。

■関連する資格

IBF国際メイクアップ認定試験

スポンサードリンク



edit

【特集】 癒し・美容系資格 本気で学ぶなら必見!

癒し・美容系の資格は、昨今かなりの人気を集めており、受験生も毎年うなぎぼり。あわせて各資格に関する講座も多数開設されており、ぜひ学習をはじめる前にチェックしておきたいところ。

というのは、仮に実際の受講はしないとしても、予備校や通信講座の無料資料はとても参考になるのです。

受験者データや、試験の動向、問題の傾向と対策、合格者の声などがわかりやすく解説されており独学を考えているかたもこれらのデータはぜひ抑えておきたいところです。
最近では、ほとんどの予備校、通信講座が、ネットから簡単に資料を請求できるようになっていますので、勉強を始める前に下調べしてみるとよいでしょう。

以下、癒し・美容系資格の各講座を多数取り揃えており、また特に高い実績を上げている講座を調べてみました。ぜひ参考にされてみてください。
 心理カウンセラー・リフレクソロジー・アロマセラピー・整体・音楽療法・ネイル・メイクアップなどの「癒し」「美容」関係の講座が充実。
ネイルに関する基本理論と化学、爪を美しく健康に保つためのケアやジェルネイルなど、プロのネイリストとして必要なテクニックと繊細な感性が身につく。
アロマセラピーの歴史から、利用方法、ケアテクニックまで、アロマに関する知識を深く掘り下げます。精油の基礎から製造法まで、一連の流れに沿って、系統的にしっかり学習できます。
皮膚学の基礎知識からメイク道具の使い方・メイクの技法まで、実践に即したカリキュラムでメイク・コスメ業界で活躍できる高度なメイクアップアーティストを養成。
心理カウンセリングの入門講座から実践的なNLPまで、多方面で活用できる心理カウンセリングの基礎力を体系的に学習できます。