音楽療法士

20世紀初頭のアメリカで、精神病院の慰問する慈善活動として音楽が用いられたことがきっかけとなり、その後、戦争からの帰還兵に音楽療法が行われ、心の病を持った兵士たちが音楽を聴いたり、歌ったり、また演奏したりすることによって、心の健康の回復につながりました。

やがて音楽家をはじめ、精神科医や心理療法士、セラピストによって本格的に研究開発され、さまざまな方法が生まれてきました。

日本では、約50年前に精神病院、障害児施設で音楽療法が始まり、現在では、老人性痴呆症や小児まひや自閉症などの脳障害を持つ人々を対象に新しい療法として広がりを見せています。

音楽療法では実際に音楽の理論、技術や医療、看護学、臨床心理学に基づき、カウンセリングを行い、それぞれに合った、環境、場所、プログラムが設定され行われます。
その中で、個人で行うか、集団で行うかや、受容的か能動的かなどを判断したり、ふさわしい楽器の選択や改善点などを見つけることが必要になります。
そのためには技術以外に豊富な臨床経験を積むことが必要です。

■音楽療法士になるには

まずは日本音楽療法学会認定の資格を目指します。
方法として、大学や専門学校で音楽療法を専攻、修了し、試験を受ける方法と、音楽療法を取り入れた福祉施設などで、ボランティア活動を通じて、臨床経験を積み、学会、講習会などに参加した上で書類審査と面接を受けて試験を受ける方法と2通りあります。
最近では、音楽を利用したセラピー講座を設けているカウンセラー養成学校もあります。

「日本音楽療法学会」は2001年4月に正式に発足し、厳しい書類審査や面接によって認定された資格で、5年ごとの資格更新の審査があります。
また、医療・福祉・教育を担う技能面で、音楽療法は確かな効果をあげていますが、実際には、音楽療法士の収入だけでは厳しく、他に本業を持ったり、福祉施設などで、ボランティア活動を行う人が多く見られます。

■関連する資格

日本音楽療法学会認定 音楽療法士
音楽療法士

スポンサードリンク



edit

【特集】 癒し・美容系資格 本気で学ぶなら必見!

癒し・美容系の資格は、昨今かなりの人気を集めており、受験生も毎年うなぎぼり。あわせて各資格に関する講座も多数開設されており、ぜひ学習をはじめる前にチェックしておきたいところ。

というのは、仮に実際の受講はしないとしても、予備校や通信講座の無料資料はとても参考になるのです。

受験者データや、試験の動向、問題の傾向と対策、合格者の声などがわかりやすく解説されており独学を考えているかたもこれらのデータはぜひ抑えておきたいところです。
最近では、ほとんどの予備校、通信講座が、ネットから簡単に資料を請求できるようになっていますので、勉強を始める前に下調べしてみるとよいでしょう。

以下、癒し・美容系資格の各講座を多数取り揃えており、また特に高い実績を上げている講座を調べてみました。ぜひ参考にされてみてください。
 心理カウンセラー・リフレクソロジー・アロマセラピー・整体・音楽療法・ネイル・メイクアップなどの「癒し」「美容」関係の講座が充実。
ネイルに関する基本理論と化学、爪を美しく健康に保つためのケアやジェルネイルなど、プロのネイリストとして必要なテクニックと繊細な感性が身につく。
アロマセラピーの歴史から、利用方法、ケアテクニックまで、アロマに関する知識を深く掘り下げます。精油の基礎から製造法まで、一連の流れに沿って、系統的にしっかり学習できます。
皮膚学の基礎知識からメイク道具の使い方・メイクの技法まで、実践に即したカリキュラムでメイク・コスメ業界で活躍できる高度なメイクアップアーティストを養成。
心理カウンセリングの入門講座から実践的なNLPまで、多方面で活用できる心理カウンセリングの基礎力を体系的に学習できます。