カラーセラピスト

カラーセラピーには色々な方法がありますが、中でもオーラソーマ・カラーシステムが一般的です。
オーラソーマでは、色はエネルギーを持った世界共通の言語であるとして、人々が選ぶ色はその瞬間のその人自身を映し出す鏡といわれています。
カラーセラピーでは、色彩と心理の深い関係をカウンセリングに利用し、そこで用いられているカラーボトル(イクイリブリアム)はそのボトルの色をクライアントに伝えるという翻訳的な存在です。

カウンセリングでは、2層に分かれた104本のカラーボトル(イクイリブリアム)を直感でクライアントが選び、セラピストはその選択を基にしてイクイリブリアムのもつメッセージから読み取っていきます。

■カラーセラピストになるには

カラーセラピストの養成コースで学び、レベル1からレベル3まであり、初級を修了すれば、家族や友人に無料カウンセリングが行えて、レベル2の修了後は活動登録を行い有料でのカウンセリングができます。
また、同時にファッションやメイクの知識を身につけておくと、カラーコーディネーターやメイクアップアーティストの活躍も広がっていきます。

さらにブリッジコースという講演などが行える資格やティーチャーズコースという教授資格が与えられる資格があります。
レベル3でティーチャーズコースへ進むための基礎を学び、オーラソーマに関連する論文の審査やカウンセリングの実績など適性検査によって受講資格が得られます。
コース修了後はオーラ・ソーマ社から各コースを催す資格が与えられます。

■関連する資格

英国オーラソーマ式 カラーセラピスト
オーラソーマ

スポンサードリンク



edit

【特集】 癒し・美容系資格 本気で学ぶなら必見!

癒し・美容系の資格は、昨今かなりの人気を集めており、受験生も毎年うなぎぼり。あわせて各資格に関する講座も多数開設されており、ぜひ学習をはじめる前にチェックしておきたいところ。

というのは、仮に実際の受講はしないとしても、予備校や通信講座の無料資料はとても参考になるのです。

受験者データや、試験の動向、問題の傾向と対策、合格者の声などがわかりやすく解説されており独学を考えているかたもこれらのデータはぜひ抑えておきたいところです。
最近では、ほとんどの予備校、通信講座が、ネットから簡単に資料を請求できるようになっていますので、勉強を始める前に下調べしてみるとよいでしょう。

以下、癒し・美容系資格の各講座を多数取り揃えており、また特に高い実績を上げている講座を調べてみました。ぜひ参考にされてみてください。
 心理カウンセラー・リフレクソロジー・アロマセラピー・整体・音楽療法・ネイル・メイクアップなどの「癒し」「美容」関係の講座が充実。
ネイルに関する基本理論と化学、爪を美しく健康に保つためのケアやジェルネイルなど、プロのネイリストとして必要なテクニックと繊細な感性が身につく。
アロマセラピーの歴史から、利用方法、ケアテクニックまで、アロマに関する知識を深く掘り下げます。精油の基礎から製造法まで、一連の流れに沿って、系統的にしっかり学習できます。
皮膚学の基礎知識からメイク道具の使い方・メイクの技法まで、実践に即したカリキュラムでメイク・コスメ業界で活躍できる高度なメイクアップアーティストを養成。
心理カウンセリングの入門講座から実践的なNLPまで、多方面で活用できる心理カウンセリングの基礎力を体系的に学習できます。