アートセラピスト

アートセラピーの始まりは、1930年代にアメリカのマーガレット・ナウムブルグが精神医学においてアートの有用性を見い出したのがきっかけです。
心理療法の一つとして、絵画、コラージュ、陶芸、粘土細工などの様々な表現活動によって行われます。
創り上げる過程や完成作品を鑑賞することによって満足感が導く自己治癒効果や、表現をすることで味わえる「カタルシス」という効果から、心の問題の解決につながります。
どちらも非言語的コミュニケーションが中心なので、言葉で自身を表現しにくいクライアントにとっては有効の心理療法です。

クライアントにあるテーマ元に絵を描いてもらう描画療法と漫画や広告など絵や写真を好きなように切り取り、画用紙に貼らせていくコラージュ療法はどちらの作品も心の中の強い葛藤やトラウマが存在したり、作品から何らかの形で現れた思いを拾い上げ、心のうちに潜む思考や感情を統合し、サポートしていくのがアートセラピストの役割です。

■アートセラピストになるには

アートセラピーは、まだ新しい分野でしたが、今では芸術療法士という資格が認定され、資格制度が整い始めています。
先進国のアメリカで資格を目指す人もいますが、言葉の壁や大学院でアートセラピーの臨床経験を1000時間以上の義務付けられているなど取得するにはかなり難しいです。

活躍の場として、個人で開業、医療現場や老人ホーム、学校などもありますが、実際のところ、アートセラピストとしての活躍の場は少なく、ボランティアとしての活動が中心です。

■関連する資格

アートセラピスト

スポンサードリンク



edit

【特集】 癒し・美容系資格 本気で学ぶなら必見!

癒し・美容系の資格は、昨今かなりの人気を集めており、受験生も毎年うなぎぼり。あわせて各資格に関する講座も多数開設されており、ぜひ学習をはじめる前にチェックしておきたいところ。

というのは、仮に実際の受講はしないとしても、予備校や通信講座の無料資料はとても参考になるのです。

受験者データや、試験の動向、問題の傾向と対策、合格者の声などがわかりやすく解説されており独学を考えているかたもこれらのデータはぜひ抑えておきたいところです。
最近では、ほとんどの予備校、通信講座が、ネットから簡単に資料を請求できるようになっていますので、勉強を始める前に下調べしてみるとよいでしょう。

以下、癒し・美容系資格の各講座を多数取り揃えており、また特に高い実績を上げている講座を調べてみました。ぜひ参考にされてみてください。
 心理カウンセラー・リフレクソロジー・アロマセラピー・整体・音楽療法・ネイル・メイクアップなどの「癒し」「美容」関係の講座が充実。
ネイルに関する基本理論と化学、爪を美しく健康に保つためのケアやジェルネイルなど、プロのネイリストとして必要なテクニックと繊細な感性が身につく。
アロマセラピーの歴史から、利用方法、ケアテクニックまで、アロマに関する知識を深く掘り下げます。精油の基礎から製造法まで、一連の流れに沿って、系統的にしっかり学習できます。
皮膚学の基礎知識からメイク道具の使い方・メイクの技法まで、実践に即したカリキュラムでメイク・コスメ業界で活躍できる高度なメイクアップアーティストを養成。
心理カウンセリングの入門講座から実践的なNLPまで、多方面で活用できる心理カウンセリングの基礎力を体系的に学習できます。