アーユルヴェーダ施術者

アーユルヴェーダとは、アーユス(生命)とヴェーダ(科学)地う2つの語から生まれた言葉で、病気の治療以外に季節に合った過ごし方や、食べ物の量や選び方、勉強の仕方や友達関係まであらゆる分野を教えてくれる生命の科学が体系化されています。
インドでは研究も行われていて、専門科のある大学も多くあります。
日本では、エステサロンでアーユルヴェーダ式のトリートメントが取り入れられたりなど、注目されています。

アーユルヴェーダは空・風・火・水・地の5大元素から構成されていると考え、人間の身体同様にこれらの2つずつが対になり、3つのドーシャという体質がヴァータ、ピッタ、カパと呼ばれ、その3つのドーシャが崩れると病気になるといわれています。

ドーシャのバランスを保つ事で、病気の予防や健康増進、美容を保ち続けます。
施術では、体調のチェック、脈診や舌診、尿診を行い、身体に合わせて、ハーブオイルを使ったマッサージやヨーガなど利用して体のバランスを整えていきます。

■アーユルヴェーダ施術者になるには

アーユルヴェーダだけでサロンを開業している人は少なく、はり師・きゅう師の資格を持っている人やエステシャンの人がスキルアップのために、アビヤンガというオイルマッサージを中心に勉強する人が多いです。
日本人に合った新しいサービスなどを提供するといいでしょう。

日本アーユルヴェーダ学会をはじめ、関連組織やスクールで体験的に学んだり、アーユルヴェーダを実際行っているサロン経営者と就職や開業の相談も方法のひとつでしょう。
また、本場インドでの留学という方法もありますが、語学力や受け入れ先の確保など問題点をクリアできなければ難しいでしょう。

■関連する資格

アーユルヴェーダ

スポンサードリンク



edit

【特集】 癒し・美容系資格 本気で学ぶなら必見!

癒し・美容系の資格は、昨今かなりの人気を集めており、受験生も毎年うなぎぼり。あわせて各資格に関する講座も多数開設されており、ぜひ学習をはじめる前にチェックしておきたいところ。

というのは、仮に実際の受講はしないとしても、予備校や通信講座の無料資料はとても参考になるのです。

受験者データや、試験の動向、問題の傾向と対策、合格者の声などがわかりやすく解説されており独学を考えているかたもこれらのデータはぜひ抑えておきたいところです。
最近では、ほとんどの予備校、通信講座が、ネットから簡単に資料を請求できるようになっていますので、勉強を始める前に下調べしてみるとよいでしょう。

以下、癒し・美容系資格の各講座を多数取り揃えており、また特に高い実績を上げている講座を調べてみました。ぜひ参考にされてみてください。
 心理カウンセラー・リフレクソロジー・アロマセラピー・整体・音楽療法・ネイル・メイクアップなどの「癒し」「美容」関係の講座が充実。
ネイルに関する基本理論と化学、爪を美しく健康に保つためのケアやジェルネイルなど、プロのネイリストとして必要なテクニックと繊細な感性が身につく。
アロマセラピーの歴史から、利用方法、ケアテクニックまで、アロマに関する知識を深く掘り下げます。精油の基礎から製造法まで、一連の流れに沿って、系統的にしっかり学習できます。
皮膚学の基礎知識からメイク道具の使い方・メイクの技法まで、実践に即したカリキュラムでメイク・コスメ業界で活躍できる高度なメイクアップアーティストを養成。
心理カウンセリングの入門講座から実践的なNLPまで、多方面で活用できる心理カウンセリングの基礎力を体系的に学習できます。